Infinity
何かを考えて書くことくらい、無限の可能性があってもいいかと思う。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ プロフィール

kAssy

Author:kAssy
東北大学の大学院生です。
同級生やら後輩やらの
勢いに負けて
mixiからblogに移行しました。
鞍替え。

リンクはご自由に貼ってくださいな。
ふりーだむ。

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Sudden Invitation
こんばんは。
あ、ありえねぇ…( ̄□ ̄;)!!を
スレッドテーマに選択してみたkAssyですこんばんは。

それくらいありえないハプニングが起きたんですってば。
昨日。自分的に。かなり、ないからまじで。
先週の日曜日から韓国の友達Yoo君が来てます。
我が家に寝泊りしてます。
今回は東北大学大学院の入試のために来日し、
4月からは間違いなく修士として勉強していることでしょう。

その彼が。
昨日無事に試験を終えまして。
先生方の元へあいさつ回りに行ってたんですよ。

実験終了後の僕と偶然にも遭遇したわけですよ。
なぜか僕もその場のノリであいさつ回りに
付き合うことにしたんですよ。

向かった先は、今年退官されるY教授。
かつては学科長を務めたこともある、溶融塩の大家。
大変人当たりのいい方で、
僕と彼が知り合うきっかけになった
Exchange Programの総取締などもされていました。

外で待ってるはずが教授室に案内されるわけです。
一緒になってしどろもどろの英会話をするわけです。
なぜかY教授が奥様に電話をかけはじめるわけです。




「今日の夜、いいよね?」





「家にいらっしゃい」







( ̄□ ̄;)!!



おおっと。
Yoo君、いきなり教授の自宅へと招待を受けています。
よっしゃ、僕は今日家庭教師のバイトがあるから
送り迎えは任せとけ!

おもむろに、Y教授が自宅への地図を書き始めます。
何とか位置を把握した後、
「何となく変な感じ」がしたので、
Y教授に進言してみることにします。


「あの~、僕は今日家庭教師のバイトがあるんです…」









そうですよね。僕は送り迎え専用機ですよねY教授?










「あ、そうなの?
 

 
 うちは早い分には構わないよ?











( ̄□ ̄;)!!










はい、僕も招待決定です。
大物教授の招待決定です。
どんだけ緊張するんですかまじで。









われらのボスの自宅への招待のときにも
学生が20人くらいいたのにめっちゃ緊張したんですよ?
お酒も少ししか飲んでないのにふらふらになって
ボスに「おいおいお前大丈夫か?」って
心配されたりしましたけど。











今回は確実に少数精鋭です。
Y教授夫妻に我々2人です。
2on2です。バスケできません。










その後、Yoo君の提案で花束を購入し、
(桃と菜の花と何か。春っぽかった!)
ハンドメイドの地図を頼りに、難なくY教授邸宅に到着。










Y教授まだ帰ってきてない!










話はついているということなので
ドアチャイムを鳴らすわけです。

奥様がいらっしゃるわけです。

めっちゃマダムなわけです。









居間に通されました。
Y教授、ご帰宅です。

軽く料理を頂いた後、
僕は家庭教師のために一時離脱です。


牡蠣の卵とじ、まじうまでした。
I love oysterなのです。やばかったです。










家庭教師先でもネタにするわけです。
そりゃ話しますよ。サプライズなんですもん。
どうやらY教授の奥様は家庭教師先の生徒の高校で
英語の教師をなされているらしく。
今度聞いてみようと思います。










家庭教師も無事終わり、
覚えた道を逆走して迎えに走るわけです。

またもや居間に通されるわけです。












自分のプライベート的なことが「筒抜け」でした。







( ̄□ ̄;)!!










もういいです。笑いますようん。
笑わせてください。










こうなりゃもう話しまくって
笑いまくってやるとか思うわけです。

まぁ英語は大して出来ないので
聞きながら笑う方が多かったのですが。

話す。聞く。笑う。
気がついたら深夜1時でした。










ありえない初体験、2日がかりです。











丁重に御礼をし、帰路に着きました。












































まぁ、一言で言うなら。










ありえません。











===========================
あまりに唐突な出来事であったために
こんな風にかきあげてはみたものの。

Y教授ご夫妻には大変にGentleに接していただき
大変に楽しい時間を過ごさせていただくことが出来ました。

こんなところではあるのですが。
大変ありがとうございました。
===========================
スポンサーサイト

テーマ:あ、ありえねぇ…( ̄□ ̄;)!! - ジャンル:日記

linn
どうでもいいことなんですがgentleでは…?
このコメントも消しといてください。
まだいんのかぁ?
2006/03/01(水) 18:49:46 | URL | [ 編集]
kAssy
>linn
直しちゃいましたよ。うん。
 Yoo君てゆーかRickyは帰国です。
 来月来ます。そのときにでも。
2006/03/01(水) 23:43:30 | URL | [ 編集]
蚊と海苔@日経ナノ
教授先生の家に行くのって緊張するけど結構楽しくない?
昔、E教授の家に行ったことを思い出した。
2006/03/02(木) 18:48:47 | URL | [ 編集]
kAssy
>蚊と海苔さん
 DVDレコーダーWOOOとかあって、おおっ みたいな。
 われらがボスの家にもプラズマテレビがあったり。

 電化製品フェチの傾向があるかもしれません私。
2006/03/03(金) 02:03:25 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 過去ログ

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 Infinity all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。