Infinity
何かを考えて書くことくらい、無限の可能性があってもいいかと思う。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ プロフィール

kAssy

Author:kAssy
東北大学の大学院生です。
同級生やら後輩やらの
勢いに負けて
mixiからblogに移行しました。
鞍替え。

リンクはご自由に貼ってくださいな。
ふりーだむ。

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
安直に、台湾旅行記。
こんばんは。
台湾から帰ってきて早くも一週間。
とりあえず鳥インフルエンザにはかかってなかったkAssyですこんばんは。

台北市に行った際に結構どんよりした市場を通ったのですが
あまりの異臭のするその場所で檻に入れられていた
ニワトリさんの集団の脇を通過。

「ほんとうに自分は無事でいられるのかしら」
相方にそのチキンっっぷりを笑われました。

8月19日。
仙台発の夜行バス「ポーラスター号」で成田空港へ向かいます。
北極星の名を冠するこの夜行バス。


参加者らしき人が一人もいねぇ…


のっけから不安倍増です。
バスの隣の席からフィリピン語が聞こえて来ました。

倍率ドン。さらに倍。
先人の台詞が心に染みます。


午前6時半。成田空港到着。
チャイナエアラインのカウンター前でそれと思しき集団に合流。

台湾へはワークショップと称して
10分ほどの英語発表を行うために訪れたのですが、
僕の専門は材料工学、残りの15人くらいは化学工学。


のっけから完全にアウェイです。


そのうち、同学年の人としゃべるようになりました。
先日セントルイスで学会発表をこなしてきた帰国子女。
とはいっても物心ついた頃に一年くらいだよと
本人は言っていましたが。


台北→高雄→台南。
一日がかりの移動で台南に到着しました。

途中こんな原付を発見。
TS370016.jpg


原付上での家族水入らずです。

後に知ることになるのですが、
台湾では原付の乗員制限はないそうなんです。
原付のサイズも日本より大きく125cc。
さっそくカルチャーショックです。

午後4時頃。台南のホテルに到着。
僕は博士の先輩と修士二年の同級生との3人部屋でした。


のはずでしたが…


ベッドが2つしかない!!



ラブアフェアはなしの方向にしました。
ちょうど空きの部屋が1つ出たので、
その部屋を1人で使うことになりました。
TS370016.jpg


のっけから不安です。


ちなみに台湾での送電電圧は110V。
プラグの形ともあいまって、携帯の充電が出来ました。


午後6時。相手方の大学「国立成功大学」のキャンパスへ。
英語では「No.1 University」です。ど直球。

TS370016.jpg

さすが亜熱帯気候。
ガジュマロの木がたくさん群生しています。
このきなんのききになるき状態です、完全に。



午後7時。ウェルカムパーティ開始。
バーベキューでしたが、何かテンションがいまいちあがらず。
TS370016.jpg




TS370016.jpg

粉を練る人たち。「蛇棒麺」


竹でたく「竹飯」


途中スコールにあうも、何とか無難に切り抜けました。
そりゃ翌日に発表控えてますもん。緊張しますって。


8月21日。発表当日。
何かマイクの調子がおかしいです。
やったらハウリングを起こしてます。
おかげで発表の進行に何となくぐだぐだ感が出てきていました。
おかげで緊張感もだいぶ薄れてきました。

自分の発表のときにもマイクの不調は止まず。


まくしたてろ!まくしたてろ!


途中考えてきた文面がまっしろになったり。


まくしたてろ!まくしたてろ!


おっと!予想通りの質問がとんできた!


まくしたてろ!まくしたてろ!



そんなこんなでお昼ご飯です。


うん、ちらし寿司だと思って食べよう。甘いけど。


午後のポスターセッションはわりと自由に見て
質問してを繰り返していました。
だってベンゼン環が書いてある時点で
何やってるかわかんないんですもん。アウェイですもん。




夕方。見た目に高級そうなレストランに案内される。
そうそう、その前に。
バスの中でこんなものを発見。





「撃破器」




最高のネーミングセンスです。
カーテンの向こうにはハンマーが隠れているのですが
ハンマーではなくて撃破器です。



客はほとんど僕ら一行だけ。とりあえずびびることにしました。

いろいろ出てきます、料理。



韓国に行ったときに比べると、台湾の大学生は
お酒をあまり飲まず、何となく奥ゆかしい感じがしました。


8月22日
今日のセッションは環境です。ちょっと自分よりです。

台湾では国土の割りに日本の1.5倍以上の降水量があり、
水の確保が大変な問題となっているそうです。
そういえばほとんどの家にはステンレス製の貯水瓶がありました。

午後は七股(Chi-gu)という「台湾最後の楽園」
(現地の誰か:談)に行ってきました。
天然のマングローブが群生していたり、
ある一帯の地下水の付近で奇病が発生したりという
エキサイティングな場所のようです。

その前に。
大学で所有している水処理プラントに行ってきました。
DSC-TGA, FT-IR, TEM, SEM, などなど。
20種類程度の分析機器を備えているらしく、
かなりの羨望のまなざしで見つめてきました。

場内の標識。「慢」がいい味出してます。


そしていよいよ台湾最後の楽園です。
楽園という感じはしませんでしたが
夕日が沈みかける東シナ海は大変壮大でした。

かにの散歩がここではポピュラーらしい。



帰り着いた先では、牡蠣を焼いていました。
ここは牡蠣が名産らしく、その場で焼いて食べるんだそうです。











I love oysterです。


I love oysterですよ?


I love oysterですってば。










I love oysterじゃあああああああああああああああ。









かぶりつく、かぶりつく、かぶりつく。
うますぎです。
これで牡蠣にあたっても悔いはない!

途中で「生牡蠣をビールにつけてわさび醤油で喰らう」という
珍妙なものに出くわしました。
「Good! Try!」みたいなことを言われたので、
「Good!」と言っておきました。

予想通りの奇妙な味でした。



夜。ナイトマーケット。
アジアくささ満点です。くささも満点です。


ジャブとして放たれたのはこの「ミルク緑茶」
いきなり砂糖の量を「large?」と聞かれたので
「Minimum!」と必死に応対しました。

まったく、油断も隙もありません。


ジャブの次はフィニッシュブロー。



「臭豆腐」
まじで腐ってます。納豆なんてかわいいもんです。
おいしさ2割、くささ8割です。圧倒的です。

「豚の血スープ」
この塊が、豚の血を固めたもののようです。
味はほとんどしません。

「小龍包」
正統派です。大変おいしゅうございました。

「サンラータン」
すっかいです。すっかい。



大変なアジアくささにテンションもあがるあがる!
大変楽しい時間となりました。
No.1学生の皆さん、ありがとうございました。









部屋に帰ったら、ごきぶりが3匹出現しました。











悲鳴をあげました。テンションがた落ちでした。
すこし落ち着いたあと、電気を速攻で消して
見えないものは怖くないモードに突入しました。










ごきぶりが出るって、ホテルとしてどうなんでしょうか?










8月23日。
うさんくささ満点の台湾現地のガイド
リン(林)さんの案内で台南めぐり。

説明をよそにNo.1な学生たちと戯れる僕らに対する
何となくリンさんの視線が痛かった気がします。










手厚すぎるNo.1な学生たちとの別れを惜しみつつ、
台北に向けて高速道路を5時間。









途中、サービスエリアで昼食です。




コンロがいくつか。






出てきた「海鮮麺」
味としては「すげぇうまい」と「味がない」の中間でした。
そんな塩加減。


午後5時。台北到着。
そろっての飯までに時間があったので、
ドクターの先輩に引きつられて台北散策です。


オサレカフェ。
雑誌に18禁があったような気がします。
亜熱帯の開放感でしょうか?


この後、冒頭にも書いた「松江市場」という
寂れかけた異臭満点の市場に入るわけです。
行ってみようと興味津々だった先輩を筆頭に
入った後は無言で速攻で退出「ぷはー」


その後の現地の靴屋。





「ちわにす」
どんな意味ですかと店員に尋ねたら
どんな意味ですかと聞き返されました。


世の中には知らないことがまだまだたくさんあります。





夜は中華料理屋での夕食でした。










飯が甘くないぃぃぃぃぃ!!!


台北に感謝です。マジ感謝です。
そして、現地のスタッフに対して

「頼んだ料理が来ていない!」

「飲み物出せ!」

「こんなの頼んでない!」

などなど。

八面六臂の活躍を見せた中国からの留学生のドクターさん。
本当に感謝です。


その中国ドクターさん。
帰りに食料品店に連れて行ってくれました。

東南アジアの国の場合、ツアーを組むと
最後はかならず「民芸品店」に寄らされます。強制的に。
民芸品店と現地旅行者がつながっているので
仕方の無いシステムといえばそうなのですが。


現地の食料雑貨店ではかなりの格安値で
おみやげを購入することが出来ました。
本当に感謝です。中ドクターさん。

調味料とか買いすぎたせいで、
後に飛行機で「手で持ってけ」といわれる羽目になるんですけどね(泣)
今日使いましたが、うまかったですオイスターソース。


中ドクターさんと別れて、一行は「足ツボマッサージ」へ。


まだまだ余裕のフットバス。











ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!

40分間の拷問でした。
何が拷問かって、この時のふくらはぎのすじの痛みが
1週間くらい収まらなかったことです。

周りの4人はどうやら痛いとはいえ
僕のようにリアクション芸人化はしてなかったのですが。

恥ずかしいと思いながら良く見ると、


僕の足を押すおじさんだけ


明らかに体躯が違います。



僕の足を押すおじさんだけ


腰を入れて押してます。



こんなもんも撮ってきましたが
「痛くないところがなかった」僕は
定期健診で以上無しでも全身不健康に違いありません。



8月24日。最終日。
朝早く「101ビル」に行ってきました。
101ビルとは日本の大林組が竣工を手がけたビルで
地上101階、508mの現時点での世界最高峰です。



全部映りません。


展望台は朝11時開店。
10時には出発の僕らには残念なお知らせです。
しょうがないので適当に写真を取って、
台北のオサレ空間を堪能してきました。


午後11時。民芸品店到着。
ここでは買い残した茶器を少し購入。


「約」。「慢」と共にいい味出してます。



そうです、品質は最低です。気をつけましょう。



天然モノは24%!


午後13時。台北中正空港。
いよいよ台湾ともお別れです。
なんだかんだでリンさん初め台湾の人たちは
韓国に比べてしつこさが無く、全体的に好感が持てました。


韓国に行った際のように



「民芸品店により過ぎて一日一便の国際便を逃しかける」



なんてハプニングもありませんでしたし。



午後7時。成田空港到着。
とりあえず、日本の清潔さにうるうるです。

午後9時半。
体が痛くなるポーラスター号に乗り込む。
ガイドが日本語なのがうれしい。

バスの中では一夜漬けで翌日の
「毒物劇物取扱者試験」のための勉強を開始。


8月25日。午後@県庁。
試験は比較的簡単でした。
多分10月には晴れて資格取得です。










とりあえず、今回の旅で学んだことは。









日本っていいわ~ 










追記。
台湾では本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
僕らの滞在をサポートしてくれたNCKU(成功大学の略称)の
方々に、改めてお礼を申し上げたいと思います。

<編集中>
画像のアップが結構な数に上って大変なので
後日改めてアップします。
それまではこのスカスカ感をどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 過去ログ

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 Infinity all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。